ピルで不正出血が出るケース

ホルモンバランスが崩れることで不正出血がおこるケースがある

 

低用量ピルは、世界中の女性が自発的にできる避妊方法として、多くの女性から服用されています。

 

日本でも認可されているものが何種類かあり、婦人科や産婦人科で処方してもらうことが出来ます。

 

低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二種類のホルモンが含まれた女性ホルモン剤で、服用することによりホルモンの量を一定に保つことにより、排卵を抑制して妊娠を防ぐ働きがあります。

 

低用量ピルを飲んでいると、不正出血が起こることがありますが、理由として考えられるのが飲み忘れによるホルモン変動によるものです。

 

低用量ピルを毎日服用することでホルモン量が一定に保たれますが、飲み忘れることによりホルモン量に変化が起こり、休薬期間中に起こる出血と同様の不正出血が起こることがあります。

 

その他、ピルは生理中に飲み始めますが、その時出血するはずだった血液が不正出血として出ることもあります。

 

基本的に不正出血は飲み忘れていなければそれほど心配する必要はないと考えられており、ホルモンの量が保たれ安定して来れば徐々に起きにくくなるのが一般的です。

 

低用量ピルは望まない妊娠を防ぐだけでなく、生理痛や生理前の不快な症状を改善することが出来ますし、生理の日程をコントロールすることが出来ますので、旅行や大事な行事などの時にも有効です。

 

産婦人科や婦人科を受診すれば、生理のある女性であれば処方してもらうことが出来ますが、持病がある方や高齢の方、タバコを吸う方などは注意が必要なケースがあります。

 

又、超低用量と呼ばれるホルモン含有量が極端に少ないタイプの商品は不正に出血するケースが目立ちます。
この理由としては、副作用を防ぐためにホルモンの量を低減してあることが挙げられます。