生理痛が激しい人はピルを飲むと良いというのは本当なのか

生理痛が激しい人は我慢せず婦人科で治療しましょう

 

毎月くる生理のたびに日常生活を送るのが困難になるくらい生理痛がひどい方は、低用量ピルを服用することでその症状が改善する可能性があります。

 

生理痛は、鎮痛剤を飲むと多少楽になるという方もいますが、一か月に一度必ず来るものですし、薬を飲んでもあまり効果がない、痛みで夜中に目が覚めてしまうという方は、低用量ピルでホルモンの量を一定にすることで、その痛みを防ぐことが出来ます。

 

低用量ピルは、世界中の女性たちから避妊目的で使われている医薬品ですが、避妊だけでなく、ホルモンのアンバランスによるニキビや生理痛などの治療にも使われています。

 

低用量ピルは女性ホルモン剤で、黄体ホルモンと卵胞ホルモンから作られています。

 

この二つのホルモンは女性の体内に存在する成分で、毎日服用することによってホルモンの量が一定に保たれます。ホルモンの量が一定に保たれることで排卵が起こらず生理もこなくなります。

 

生理に似た症状が休薬期間中にありますが、これは生理とは異なりますので生理のような痛みはありません。

 

生理痛は月経困難症と呼ばれ婦人科での治療対象となっています。

 

月経困難症に健康保険が適用されるピルもありますので、毎月の生理痛がひどい方は一度婦人科に相談してみてはいかがでしょうか。ホルモンバランスを整える事で、生理痛だけでなく生理前の不快な症状のPMSの症状も和らげることが出来ます。

 

生理前に頭痛やイライラ、ニキビなどの不快な症状に悩まされることがある方は多く、そのためにホルモン剤を服用する方もいます。

 

低用量ピルを飲むことで、生理痛だけでなくPMSの症状を改善することが出来ますので、女性のホルモンの変動による様々な症状を改善するのに役立ちます。

 

1か月分が1シートで3000円前後で販売されており、月経困難症の治療の場合はもう少し安く購入することが出来ます。

 

医師の処方でのみ購入することが出来ますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。